資格取得でその道のプロに|メディカルアロマなど様々な資格を得る

女性

医学部の学費負担を軽く

アロマセラピー

卒業までにいくらかかる

大学の中でも医学部に通う場合は別格と言って良いほどお金がかかることでとても有名であり、通常の学部と異なり、医学科を選択した場合は4年制でなく6年制であるので、家計への負担はとても大きなものになります。国公立大学であると年間50万円程度でそれに加えて教科書代などがかかり、年間で400万円程度、こちらは一般の学部とさほど差はありませんが、私立となると別格であり、年間200万円以上かかるのは普通であり、卒業するまでに1,000万円から2,000万円、大学によってはそれ以上かかる大学もあります。そうではありますが、このような学費の高い私立大学に通っている生徒でもこの高価な学費を全額支払っている生徒はごく一部であり、大半は病院奨学金を利用しています。

制度を利用してお得に

病院奨学金というのは、その大学で医療を無償で学ぶことが出来る代わりに一定年数その大学の系列やその大学のある地元の病院で勤務することで通常であると返済しなければいけない奨学金の返済義務がなくなるという制度です。つまりこの病院奨学金の制度は出世払い制度と考えておくと良いでしょう。この病院奨学金の制度は大学での成績もあまり関係ない制度であるので、誰でも利用することが出来ます。病院奨学金は大学で紹介されるものを利用している人が多いですが、卒業後地元での就職を希望する場合は地元にある主に市立などといった公立の病院などで募集をしていることも多いので知っておくと卒業してからの生活設計もしやすく、とても便利です。